上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちには、愛する金魚がいます

一昨年、彼女が職場からもらってきて、
ちょうど一年前の今頃、
約200匹孵化しました。

少しずつ、いろんな人にもらっていただいて、
我が家には、親世代4匹と、子ども世代3匹だけ残していました。


それらを、2つの水槽に分けて飼っていたんだけど、
その水替えが大変で…

思い切って、大きめの水槽を買って、全員集合!!

・・・

すると・・・
またもや孵化の時期なのか…
新参者が入ってきたから、いじめなのか・・・

よりによって、
子どもで一番大きかった、「チビきん子」ちゃんが、
追いかけまわされて・・・

最初は、産卵の時期と思ってしまい…
気付くと、お腹が傷ついてめくれている・・・

慌てて、取り出して、別水槽へ…
でも、次第にめくれていくお腹。。。

ペットショップで相談して、
なんとかって、薬で薬浴・・・
まるで、メローイエローに浸っているみたいでした。

薬浴をして、次の日、
エサを食べようと、動いている様子あり。。。
大丈夫かなって思って、安心して仕事へ

しかし、帰ってくると、ぷか~~と。。。
いろんな後悔


彼女もとっても残念そう。
・・・

金魚の死で、こんなに凹んでしまったおいらたち…
にゃんこの時は…

動物を飼うって、大変だね。。。


と、そんな話をしながら…
もし、お互いが亡くなってしまったという話に

しんみり・・・
おいらは、「ともちゃんが、死んじゃったら、一緒に出掛けたところ
      一つずつ旅するよね。」

彼女は、「あららが、死んでそのあとどうしよう。。。
     道音痴だから、思い出の地とか行けないし…」



う~~ん。どうやら、お互い自分のほうが残されるという想定になっています。
確かに、どうすっかな。

変態ハウスでも作るかな


・・・
ネコが、死んじゃったら、
その悲しみを共感してくれる人って、
いると思うんだよね。

ペット(家族)として、飼っている人、たくさんいるし。

友だちが亡くなってしまったら…
それも、その悲しさを共感してくれる人いるかな。

でも、もし、彼女(おいら)が死んだら、
それを共感してくれる人って
変態たちしかいない。

友だちを亡くしたんじゃない、親兄弟を亡くしたんじゃない・・・
この気持ちを共感してもらえる仲間が、大事かなって思う。

残された者が生きていく上で。

変態ハウス作ろう
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://arara555.blog51.fc2.com/tb.php/700-a003334b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。