上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.15 お盆・・・
6月某日

どうしても休めない日があった。
この日だけは、ダメだよ。。。
と思っていた。

なのに、朝(深夜?)3時過ぎ。。。

実家からの着信音が鳴った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
その日から、約一か月前、母からの電話で、
「お父さんの調子が良くない…とりあえず、帰ってきなさい」
と、言われた。

そのころ、どうしても仕事がうまくいかず、
自分の力では、どうにもならなかった。

正直、実家なんて帰る気分じゃなかった。
でも、いつも違う母の言葉に、帰った。

病院に行ったら、父がやせ細っていた。
・・・
あれ?

母が言った。
「夏までもつかなって、お医者さんが。
だから、今のうちに会いたいと思っている人と…」

・・・
恥ずかしいことに、
でも・・・
おいらの仕事のペースがうまくいかなくて。
本来、おいらの職場の権利である「介護休暇」の
申請がどうしてもできなかった。
(けっこう取得できる職場だったのに。)

こんなにうまくいかない仕事は初めてだ。

どうしても、ペースを取り戻したい。
もう少し時間がほしい。。。

ウトウトしている、父にお願いした。
「8月までは、頑張ってよ。そうしたら、いくらでも
そばにいるから…」

本当に・・・バカだったな。

仕事は、もがいてももがいても・・・
どうしようもなかった。

そのことだけに、構っていられない。
他のことも対応しないといけない。

でも・・・どうしようもなかった。


6月某日・・・
その一週間前。

母から職場に直接電話があった。
「今日中に帰ってきてほしい。」

しばらく、休める準備をして、すぐに帰った。

父は、もう荒い呼吸。
一か月前より、さらにやせ細っていた。

不謹慎なおいらは、
その次の週にある、どうしても休めない仕事のことを考えていた。

父にお願いをした。
「もう少し・・・待って。」

もう、覚悟はしていた。
あとは、日だけ・・・
でも、どこかで、夏までは大丈夫。。。

その日、父のベットサイドで、
母と、これからのことを話し合っていた。

そうこうしているうちに、
兄がやってきた。

兄には、昨年の事故のことも話してある。
(母には言えなかった。)

なので、
車で来たこと、仕事で疲れている様子を知って、
「ここは大丈夫だから、お前は、帰れ。」と、言われた。

「離れたところに住んでいるんだから仕方ないよ。
まだ、どれだけ続くかわからないから」とも言われた。

と、言われながらも、
さすがにその日は、実家に泊まって、出勤をした。

父のことも考えながらも、
仕事に悩んだ。
来週だけはやめてと、願いながら…


さすがに、その週末は父の様子を見にいった。
比較的、落ち着いているように見えた。
「しんどいなぁ。夏まで頑張れ…」
それしか、声をかけることができなかった。

その言葉に対しては、どうかわからないけど、
かすかな、うめき声を父があげた。

その帰り、すごい豪雨だった。
車の運転が怖かった。


そして、週が明けて…
明日が絶対休めないなぁ…
と思っていた日。。。
けど、さすがに上司に
もしもの時は代わりの出張をお願いした。
内容も説明して、自分の机上を片づけ、明日の出張の資料を
珍しく机上に並べておいた。
(普段は、そんな大事な資料は持って帰るんだけどね。)

そして・・・
その日がやってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


朝(深夜?)3時過ぎ。。。
実家からの着信音が鳴った。

くだらない着信音にしていた自分に対して腹が立った。

意外と落ち着いている母の声。
「・・・終わったよ。(死んだよって言ったかな)お父さん。
急がなくてもいいから、きちんと準備してから、安全運転で来なさい」

「あ、そう。お母さん、お疲れさんやったなぁ。」としか言えなかった。
同時に、今日の出張どうなるんやろう・・・って思っていた。


隣で寝ていた彼女も、目を覚ましてくれて、
おいらの不安定な気持ちに一緒に寄り添ってくれた。

喪服をまとめながら、
彼女と「この前の日曜日に買ってよかったなぁ」とか、
「お通夜きてくれる?」とか、
「出張は、どうしよう。上司がいってくれるかな?」とか・・・
言いながら、ようやく涙が出てきた。

父は、元気なころ(定年したころ)、今住んでいる所(場所は変わりましたが)に
よく車で母と遊びに来てくれた。

特に来たからと言って、どこかに出かけるわけでもないし、
狭い家でゆっくりコーヒーを飲んでた。
その時、車でSAに寄った話やインターチェンジの話。
(ドライブ好きの父だったなぁ。。。)

それを思い出したかどうかわからないけど、
おいらも、もう急いでも仕方ないし・・・

そのインターチェンジのルートと、そのSAに寄ってみた。
あまりに早朝なんで、父の言ってた「うどん」は食べれなかったけど。

そんないろんなことをかんがえながら・・・
父が安置されている場所へ車を走らせた。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お盆ということで、
約2か月前の思いなど少しまとめておこうと書いてみました。

本来なら、日記なんかで人目につかないところに残すのが筋なのかもしれないけど、
そんなのないし。。。

このブログに記録・・・です。

長々失礼しました。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://arara555.blog51.fc2.com/tb.php/662-6301a194
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。