上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女が、1週間ほど前、職場で花をもらって来たんだ。

しかし、その花をなぜか、ベランダへ・・・

おいらは、それをベランダに出たときに気付いた。

とっても紫色がきれいなんだ(写真では青っぽいけどね。)


hana

「これなんていう花?」

「ん?知らない、職場の人にもらったの」

「ふぅん。この濃くて鮮やかな紫色きれいだね。」

「そうだっけ?」

・・・

しばらくすると、その花が部屋に飾られていました。
うん。やっぱりきれいだ・・・

しかし・・・

昨日、その花を見ると、何だか覇気がない。。。
かれているわけではないんだけど、なんとなく、しぉっ・・・としてる


「ねぇねぇ、何か花の色、あんまりよくないね。」

「そうかな?」

「やっぱり、この花は外のほうがいいのかな?」
「寒いほうが、鮮やかな色になるとか・・・」
「それとも、部屋の電気の色でこんな風に見えるのかな」


などなど、おいらは一生懸命う~んと考えたんだ。
花のことなんて、あんまり知らないんだけど、
彼女がもらってきた花だし、なんとなくきれいな紫に惹かれたんだ。

しばらく、気に留めていない彼女を巻き込んで、なぜかについて、
推測していたんだ。

しばらくして。。。

「やっぱり、もらってきてから水あげてないからかな。」

「それやん!!」


・・・で、コップいっぱいの水。。。

今日見ると、元通り、鮮やかな紫色になりました。

めでたし。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://arara555.blog51.fc2.com/tb.php/564-d3ec28f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。